愛知県・三重県のリフォーム・リノベーション・新築住宅なら株式会社絆の「コラム」のページです。

コラム
COLUMN

2019.12.02 コラム

キッチンリフォーム【勝手口編】

キッチンなどから直接外へ出入りが出来る勝手口は、
ゴミ出しや買い物から帰ってきたときなどに便利ですよね。
今回は、勝手口のメリットとデメリットをまとめていきましょう。

メリット
1.生ごみをすぐに外へ出せる
キッチンに溜まった生ごみを、すぐ外へ出すことが出来るので清潔です。
また、ニオイの心配がありません。

2.自然光が入る
日中は太陽の光がたくさん入ります。
特に朝昼に料理をする方にとって、とても快適で心地よいことでしょう。

3.換気しやすい
ニオイがこもりがちなキッチンに換気は必要不可欠ですが、
勝手口があれば換気扇を回さなくても短時間で空気の入れ替えが出来ますよ。

デメリット
防犯面の不安
玄関と比べると道路からは見えづらい場所に設置されるケースが多いです。
そのため、侵入犯に狙われやすいといえます。
防犯性の高い鍵をつけたり、人感センサー照明を設置するなどの対策が必要になるでしょう。
歩くと音のする防犯砂利を通路に敷いたり、防犯カメラを設置するのもおすすめです。

勝手口は、絶対にあるべきものということではありません。
小さなすべり出し窓でも換気や採光することも可能です。
キッチンを主に使う方の快適性とセキュリティー面を優先的に検討してみましょう。